絵本

2014年7月14日 (月)

ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ

           

sun   おばあちゃんの家へ  leo

   このお話は、林明子さんのが暖かいタッチで描かれています。

   1ページ目は。子どもの足跡から始まります。

   ある日おばあちゃんから☎がかかってきます。

   おばあちゃんは、家の前の道をまっすぐまっすぐ歩いてくると着くよ!!

   といいます。

   さあこれから、男の子の冒険が始まります。

     Dscn6375


   まっすぐ歩くことは、道のないところでも歩いて行きます。

   赤いお花を見つけます。 これはおばあちゃんへのお土産です。

   さらに、木イチゴも見つけお土産に・・・

   畑を通り小川に出ます。

   靴を脱いで渡ります。小高い丘を登ると・・・・・

   降りるときは、少し怖いんです。後ろ向きで降ります。


  

     Dscn6377    

   家を見つけますが・・・・

   馬小屋でした。 さらに 犬小屋・・・・蜂の巣・・・・

   やっとバラのおうちを見つけます。

   おばあちゃんのお家です。


   嬉しかったですね。笑顔が素敵です。おばあちゃんのケーキの美味しかったこと


     Dscn6391

     子どもたちが、小さかったころはじめてひとりでお使いに行ったことが

  思い出されました。

  今は、大きくなりましたね。

  絵本を見ているといろいろな我が家のストーリーが、思い出されます。

  この絵本が、子どもからその子どもへと、受け継がれていくことを・・・・

  願っています。   

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

My life

American in America

無料ブログはココログ