Picture Book

2014年6月12日 (木)

夢来夢倶

             

heart04   読み聞かせサークル sagittarius

    ムクムク 夢来夢倶

    今から22年前 始めたお話サークルです。

    近くの児童会館で月に1度・・・・

    この間、いろいろな出会いがありました。 

    メンバーも入れ替わりました。

     ひとりの時もありましたが、絵本と子どもたちの笑顔に支えられて

     続けられました。今は、新しいメンバーで楽しんでいます。


       Dscn5980

    今日は、とても嬉しいことがありました。

    小学生の頃お話会に来ていたお子さんが、なんとお母さんになり

    お子さんを連れて来て下さいました。 

    子どもの頃に聞いたお話を、覚えてくれていました。

    いま、子育てをしながら、お子さんに絵本を読んでいるとのこと・・・・

    嬉しかったですね。

     大好きな絵本から、このようにつながっています。

    まだまだ、大丈夫。 若いお母さんたちに絵本の良いところ

    お話の素敵な世界、沢山伝えていけたら・・・・と思います。

    私自身、絵本を読みながら楽しんでいます。

      Dscn6280  


    古い木からも、このように新しい芽が出てきます。

    子どもたちも、たくさんたくさん良い物を吸収して大きく大きく

    育って行きますね。

    なんだか、元気が出てきました。^-^  

2014年2月12日 (水)

天翔る

          

house  心に響くお話  snow 

   

      Dscn4867

    『  天翔る 」   村山 由佳

      今、子どもたちは色々問題を抱えています。

      どうして起きるんでしょう??  

      何かおおきな問題にぶつかったとき、どうしたら良いのでしょう?

      相談する人がいたら・・・・大丈夫。

      でも、一人だったら??

      

         

  このお話は、北海道の牧場が舞台です。

  厳しい自然の中で、競走馬と不登校になった女の子の心温まるお話。

  いじめの始まりは、体操着を隠された・上靴がなくなった・・・・

  だんだんエスカレートしていきます。

  学校に行けなくなり、大好きだったお父さんも亡くなります。

  悲しくて悲しくてこれからどうなるんだろう・・・・・

  ある日偶然看護師をしているお姉さんに出会います。

  物語は、ここから展開していきます。

  お姉さんは、牧場に連れて行きます。

  そこで主人公は、ウマの出産などを通して

  生きることへの力強さなどを学んでいきます。

  たくましく成長していきます。 

  そして、レースにまで出るようになります。

          Dscn4851      

  いじめに遭ったり、学校に行けなくなったりしている子どもたちがいます。

  もし、周りの誰かが気づいて助けてあげられたら・・・・・

  こどもたちに寄り添ってあげることができたら・・・・

  楽になれるかもしれません。

  いま、自分にできることは何なんだろう・・・・

  月に2回 児童会館と地域の図書館で読み聞かせをしています。

  もう20年になりました。

 

  乳児期から良い絵本・心に響く絵本に出会えたら

  こころが育ちます。

  大変な事に出会っても打ち勝っていく力強さが育って行くかもしれません。

 

  我が家の、子どもたちが育った今楽しみながら続けています。

       Dscn4848  

2013年6月 3日 (月)

 Birthday

          

cute   心温まる31の誕生日ストーリー  birthday

    Dscn2203

    ”  この世で一番大切な日  ”  十川 ゆかり

   この本は、バンドMinxZone のコンサートの終わりに誕生日のエピソードとして

   ボーカルの 十川 ゆかり さんが 語られたことが 31のお話として

   書かれています。 

    読んでいて、 涙が止まりませんでした。 どのおはなしも、心がほっかり

   暖かくなりました。 小さな幸せを、大切にそして感謝の気持ちをもとうと・・・・


    改めて、我が家の誕生日を考えました。

    子どもたちが、小さかった頃毎年の誕生日が楽しみでした。

    今年は、何をしようかな・・・・何を作ろうかな・・・・などなど・・・

    小学校の頃は、お友達を呼んだり・・だんだん大きくなり、・・・・・

    それでも、ケーキとローソクを用意しました。

     家から離れていくとなかなか会えませんね。

     これからは、やっぱり何か贈り物をしましょう^-^


     
       

     Dscn2205      

     子どもたちが、育ち静かになった我が家も3匹の猫がいます。

     今は、子育てをしていた頃、忙しかったけれど一番楽しかった!!

     子どもたちから、おおきな贈り物をもらったような気がします。

     これからも、お誕生日は忘れずにお祝いしましょう。

 

     改めて、自分を振り返ることのできた1冊でした。  

2012年12月13日 (木)

夢来夢倶         

         

book  一足早いクリスマス  present

  今年最後は、クリスマスのお話です!

  絵本は  ペネロペのクリスマスの仕掛け絵本です。

  パネルシアター  子どもたちは、大好きデス。

   10人のサンタクロースです。

      Dscf7136  
   一人 ・2人・3人のサンタ・・・・と10人並べます。

             Dscf7137_2

   サンタは、サンタケーキにはやがわり^-^ 
   ここで、子どもたちと一緒にケーキを食べます。 子どもたちのえがおがいい!!

            Dscf7138      

   ケーキから、静かに” きよしこの夜 ” を歌いながら、ツリーに変身します。

   何回しても、わくわくします。

       Dscf7140

    毎年します。 ” 赤鼻のトナカイ ” のボードビル

    一年に一度の締めくくりです。  お疲れさまでした。


   cat  1ヶ月に1度幼稚園に入る前の子どもたちを対象にしています。
     お話を、うまく聞けなかった子どもたちもお母さんのお膝でうまく
     聞けるようになりました。楽し見ながら、私たちも絵本を選んだり
     しています。細く長くをモットーに来年もがんばります。^-^  

    今日は、我が家でランチをしました。お料理は、得意ではありません。

  でも、がんばって作りました。お恥ずかしいですが、少し載せます。

        Dscf7143  

       シーフード 炊き込みご飯  まあまあでした!

          Dscf7144

       お漬け物 ( 今年は、つけてみました。) ポテトグラタン風

 

   cat 今年も良い仲間と楽しく活動できました。

      お話も弾みました。

      絵本でつながった最高の仲間です!!

      21年あっという間に過ぎました。

      一人の時もありましたが、今は5人になりました。

      大切にしていきたいですね^-^ 

2012年11月25日 (日)

ポケット            

      

book  読み語りサークル ” ポッケト ” note

 今日は、図書館のお話会の日、初めて20年ぐらいたちますが、いつも新しい発見があり楽しませてもらっています。幼児から小学生まで来ます。子供たちは、いつも真剣です。絵本の読み語りは、きっと子供たちの心の中に温かいものとなって残っていくのだろうな・・・と思って絵本を読んでいます。^-^

   Dscf6930   
                                           「 わたしは あかねこ 」  

     しろねこかあさんとくろねことうさんから 一匹だけあか猫が生まれます。

   とうさんとかあさんは、どうしたものかとかんがえます。

                                   ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

              
   でも、あかねこは、赤い色が大好きでした。 
   母さんは、ミルクをたくさん飲ませます。しろくなるように・・・・
   父さんは、黒い魚を食べさせます。黒きなるように・・・・
   兄弟は、白い粉をかけたり・・・・泥を塗ったり・・・・
   家族は、いろいろ考えますが・・・

   There is a only red cat. But she likes her red hair^-^
       But her dad let her to eat  a lot of black fish.
       Her mom let her to drink much milk.
        Her sister and brother let her to put on white powder and black color.

                                  ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

                      

         ある日、あかねこは家を出ます。
    家族が大好きでしたから、ときどきさびしくなりました。
    でも、とても素敵な青猫に出会います。
    そして仲良く暮らし始めます。そして赤ちゃんが7匹生まれます。

   One day.  Red cat went out her house.
       She loves her family. So she sometimes lonely .>,<
       But she met a blue cat . He is really kind and nice,
       They live in same house each other, They had seven kittens.

                                   ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

   

                              

     子猫たちは、赤・青・黄色・オレンジ・緑・藍色・紫の七色でした。

 

       虹色の子猫が生まれました。そして、幸せに暮らしました。

   Their cats color is rainbow color. They spend happy life with family.

                                 ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*


         moon1  赤猫ちゃんが赤か好きといったところが大好きでした。
      同じほうが、生きやすいのかもしれない・・・
      でも、やっぱり個性は大切にしたいです。
      私は、赤猫ちゃんが大好きです。そして最後に虹色の子猫ちゃんが、素晴らしい!!



      今日は、お母さんに抱かれて、6か月くらいの赤ちゃんも来ていました。
      おとなしくえほんを見ています。きっと何かを感じているのかもしれません。
      我が家も、3か月くらいから読んでいたのを思いだします。
      見て心の中に扉が、たくさんできます。本物を、見せてあげたいですね^-^



      I think that reading picture books is very good for kids.
             I wish kids feel pretty good and heart warming.
             I would like to continue reading picture books for kids.
               This is happy and great time for me.^-^
 
         

2012年10月14日 (日)

 おすすめ絵本                2 

         

eye  こおりのなみだ  heart01

   本屋さんで、このくまに心が引かれてページをめくりました。読んでいるうちに泣きそうになって・・・・かって家で読むことに・・・・・

         

         Dscf6441

   作 ジャッキーモリス  Jackie Morris    イギリスのイラストレーター・絵本作家
   訳 小林 晶子    子供や絵本に関する活動をしています。

      岩崎書店     ¥1500


     2ひきの子ぐまが生まれました。あるひ、カラスが1匹を連れ去ります。子ぐまのお母さんは、何日も何日も小熊を探しこぐまをおもいながら泣き暮らします。

    カラスは、氷の上にこぐまをおき行ってしまいます。そこへ、狩人がとおりかかります。
子供のいない狩人は、可愛がってそてます。

     

Dscf6442
  子供は、大きく育っていきます。 あるひ琥珀を追いかけていくうちにまいごになります。
氷の上で、困っているとそこへ大きくなった兄弟のシロクマが来ます。そして、しろくまはなんだか懐かしいにおいがすると・・・・昔懐かしいにおいがする・・・・・
背中にこどもをのせ母熊の所へ連れて行きます。母グマはいなくなった我が子が帰ってきたと抱きしめます。

  そこへ狩人が来ます。母グマ・こぐま・狩人おたがいにお礼を言い合います。そして不思議な力のあるこぐまは、とうさんともクマたちともいたいと思います。

  そこで夏は人間として、冬はクマとして暮らすのです。^-^


      Dscf6443    


    何とも不思議なお話・・・  この子はくまなのか人間なのか???

   

    cat   読み終わったとき不思議な暖かさが残りました。動物も人間も同じです。
        子育てをしながら暖かい愛情がどんどん深まります。

       、こそだてをして、子供と一緒に成長しました。
        大変なこと・楽しかったこといろいろありました。
        それは、私の財産として心に刻まれています。
        我が家の子どもたちの心にも残っていると思います・・・・・

    この絵本は、大きな子どもたちにもおすすめです。
    私は、cram school のなかで子どもたちに読んでいます^-^              

                 

2012年9月22日 (土)

おすすめ絵本            1

          

book  へいわってどんなこと?  ribbon   

      Dscf6174   

      浜田 桂子 昨  童心社   ¥1500

    
       

          Dscf6175         

     せんそうをしない。  ばくだんをおとさない・・・・・・・

     だいすきなひとに いつも そばにいてほしいから

       こんな書き出しになっています。
       そして、今普通に暮らしていることが当たり前になっています。
       でも、 あさまで ぐっすり ねむれる 本当に幸せです。

    

     たったひとつの  おもたい いのち・・・・・・club

       みんなで、力を合わせて、お祭りの準備をします。
       思い思いに絵を描き始めたりします。

     へいわって ぼくが  うまれて よかった  ということ・・・・・

      

     きみと ぼくは ともだちに なれるっていうこと・・・・・club


      

    cat  きょうは、寺子屋の時間6年生が、ひとりだったときに
       思わず、読んであげました。
       何かが伝わっていくのがわかります。よかった!!^-^

       

       身近な出来事から、へいわであることの幸せを感じていけたら・・・・

       これから、少しづつ絵本の紹介をしようと思います。

       大人がみても、いい絵本があります。

       こころが、温かくなったりします。

       素敵な絵本に であいたいですね
^-^    



          

2012年9月17日 (月)

 新美 南吉 の世界          

                         

book ごんぎつねの世界 clover

  新美南吉 100年 特別展へ行きました。北海道立文学館 特別展

  地下鉄中島公園から徒歩10分くらいです。

   

        Dscf6159

 中島公園の中にあります。いつもは、キタラの方へ歩いて行くのですが・・・・

 少し迷ってつきました。かなりの方向音痴です。>、<

            Dscf6158

 新美南吉は、宮沢賢治と並んで、子供の頃から心に深く入り込んでいる童話作家です。

 この作家の作品を、我が子にどう伝えるか・・・・子供たちが小さいころ考えていました。

 いつも、自分が心に残ったお話・何とか子供たちに伝えていきたい・・・・・

 そんな思いから、生後3ヶ月くらいから読み語りを始めました。

 新美南吉も我が家の子供たちは、大好きでした。


           Dscf6169

 "ごんぎつね"  なんだかかわいそうなお話です。 読み聞かせをしていて

 途中で読めなくなったりしました。我が子も泣いていたのを思い出します。

 今日特別展を見ていて、人間は、悲しいことが沢山あります。でも、悲しいことを

 たくさん経験した人は、心が優しくなれるのです。とありました。

 本当に、そうですね。悲しいからと嘆いていないで、他の人に優しくなれたら・・・・

 明日が、開けるのかもしれません・・・・^-^


        :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


 ”てぶくろを買いに” この絵本は、人形劇にしました。 きつねのお母さんの気持

 子供の狐の気持ち、そして帽子屋さんの気持ち・・・ 思い入れのある1冊です。

 でも、子狐がてぶくろを買ってくることができた。このとき気持ちが、ほっと安心しました

 子供が、初めてお使いに行った日の子とを思い出します。

 親は、子供の成長とともに親として成長しているんだと思います。

  

 この2冊は、黒井 健 さんの 絵です。ほのぼのとしたタッチが暖かいです。^-^


    

        :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ 


  

         Dscf6170

  

    ”でんでんむしのかなしみ”

     今日であいました。 一匹のでんでん虫が言います。

    「 わたしのせなかの からのなかには かなしみが いっぱいつまっている 

     ではないか」 とおもい 友達に聞いて歩きます。

     そして、みんな同じように悲しみを持っていることにきづきます・・・・・

    

     色々考えさせられました。 

     そして明日から、また元気に頑張ろうとも思いました。

     新美南吉のふるさと愛知県半田市に行ってみたくなりました。


              Dscf6156



     

2012年7月14日 (土)

夢来夢倶         

                      

book   お話の会  eye

    月に1回 地域の児童会館で、幼稚園に入る前のお子様向けにお話の会を

  しています。 今年で21年目に入りました。 子供たちが、来てくれるので続いています。


             Dscf5348

    Dscf5347

    

Dscf5346

   

   これは、大型絵本です.。 だるまさんの顔のいろいろな部分が 大きくなります。

   子供たちにもうけていました。 最後は、だるまさんに猫のっしぽがつきます^-^


    

          Dscf5343

    

Dscf5345

   絵本 ” ぞうくんのさんぽ ” をぺープサートにしました。

   夏は、水遊びです。 森の動物たちを乗せた像君 ゆらゆらしながら池に

   落ちてしまいます。 そして・・・・ みんなで水遊びをします。

   楽しくて大好きなお話です。


    cat   ムクムクを始めたのが、下の子が、2歳ぐらいの時からでした。

        子育てをしながら、絵本の勉強や、人形劇の勉強もしました。

        自分の子供に絵本を読んであげたのが生後1カ月ぐらいからです。

        小学生に入っても リクエストのある時は、読みました。

        いい時代でしたね!! 絵本と一緒の子育ては、自分も子供も

        幸せでした。 今子供たちが、育ちきっとこころの中に

        大きな宝物が詰まっていると信じています。

        これからは、絵本の紹介もしていきたいと思います。 

2012年2月13日 (月)

だぶだぶうわぎの男の子         

                     

             book  だぶだぶうわぎの男の子  denim

       Dscn1857
    THE LONG、BLUE BLAZER   Jeanne Willis.   Susan Varley

              英語版の物を、読んでもらう機会がありました。日本語とニュアンスの違うとこ

     ろもあり、新しい発見がありました。 

     誰もが、思います。どうして長い上着をきているのかな???

            

Dscn1858

      この子のママは、UFOに乗って迎えに来ました。青いマントのしたには、

      青いしっぽがありました。 

      女の子の家族とこの子のやりとりに心が、温まります。

     


         cat スーザン・バーレイ さんの作品には、「わすれられねいおくりもの」

           があります。  暖かい心が伝わります。 

           外国の絵本は、原書で読むと又違った伝わり方があります。

           原書でもよみたいですね。   

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

My life

American in America

無料ブログはココログ